トライアスロン・マラソン・水泳 活動報告・講演・執筆依頼

からだ美人
トップページ プロフィール 広報活動 大会報告 写真館 ブログ

2011 佐渡国際トライアスロンBタイプ レポート


◆台風と共に佐渡へ出発!(2011年9月1日)

いよいよ、佐渡トライアスロンに向けて出発です!


ただ、台風の行方が気になるところです。。。


今夜新潟の実家へ向かい、明日6時に佐渡汽船に乗る予定ですが、関越自動車道も大雨のため一部通行止めとの情報もあり。。。


何だかレース自体よりも他に色々心配なことがありますが、とにかく佐渡に向かって出発だ〜!!!!


同じように佐渡へ向かうトライアスリートの皆様も道中お気をつけて!


佐渡で会いましょう〜♪

バイク2台とルーフボックス、ちょっと無理があるかも。。。


ゆっくり運転で行こう〜っと

◆ 佐渡のキャンプ場 到着 (2011年9月2日)

今朝4時半に新潟の実家に無事到着しました。

台風が接近する中の移動はアクシデント続出!

積んでいた長男のバイクが風にあおられ倒れるし、

関越自動車道は大雨のため一部通行止めだし。

とにかく安全第一にゆっくり運転していたら、6時間近くもかかってしまいました。

夫と交代しながら私も運転したのですが、何度も睡魔に襲われるし。

ふぅ、ちかれた〜(^^;)

実家で母を車に乗せ、そのまま佐渡汽船乗り場へ向かいました。

始発の6時のフェリーには、うちの他にも佐渡トライアスロンを目指す人らしき人の姿がちらほら。

うちの車みたいに、バイクを積んでいる車は間違いない!

4台も積んでいる車もいました。

フェリーの旅は約2時間半。

子供たちは母と船内をうろうろ探検していたみたいですが、私と夫は爆睡でした 笑

両津港に着き、まずは会場である佐和田海水浴場を目指しました。

台風の影響が心配されましたが、今のところ海は穏やか。

この調子ならスイムの開催も大丈夫かな???


会場を下見した後は、今回お世話になる「オートパークさわた」というキャンプ場へ。

トライアスロンとキャンプを一片に楽しもうという贅沢な旅です 笑

(贅沢、というかキャンプ好きな夫と子供たちの意向を汲んで…)

チェックインの時刻よりも大幅に早い到着でしたが、私たち以外に宿泊客はいないらしく、管理人さんも親切な方だったので

「好きにテント張っていいよ〜」

とのことでした。

30サイトあるうちの一番管理棟に近い「No.1」のサイトを選び、テント設営開始!!!!

スノーピークのテントは、やっぱり丈夫でいいですね!

テントの向こうで何やら相談する夫とうちの母。

今回のキャンプのために購入したもの、エアベッド。

だってレースに出るのに、質の良い睡眠がとれなかったらキツイもん^^;

なので、このベッドはレースの出る私と長男用。

母が一生懸命膨らませています 笑

膨らんだベッドにさっそく寝ころぶ娘たち。

今はいいけど、夜はママとたっくんが寝るんだからね〜!!!!

テントの向かいには専用の調理台付き。

各サイトに専用流しと水洗トイレ、AC電源が付いています。

「キャンプに電源なんかいらんっ!」

と一端のキャンパーを気取っていましたが、やっぱり電源があると超・便利!

炊飯器も持参です 笑

テントの設営も完了したので、夕方は選手登録と説明会に参加するために、アミューズメント佐渡へ向かいました。

アミューズメント佐渡で、同じように家族揃ってレースに参戦するFさんご家族と会い、一緒に説明会に参加しました♪

また外には色んなお店のブースがあって、またまた物欲の塊になる私^^;

いやいや、我慢しておこう

(↑結局、我慢できなかったのですが 笑)

選手登録も説明会も終わり、キャンプ場に戻って夕ご飯の支度です。

今回のキャンプは私はレースに集中するため、基本的に一切ノータッチ。

なので夫が料理長として腕をふるってくれました。

腕をふるった料理は…

キャンプの定番「カレーライス」 笑

でも外で食べるカレーはまた別格な美味しさです♪

夕方のフェリーで到着した柔道部時代のY先輩も合流して、一緒に夕ご飯。

母はワインを飲みまくり、先輩や夫にもしきりに勧めていました。

ふ〜んだ。

私はレースが終わったら、飲んでやる〜!!!!!


Y先輩も一人用のテントを設営し、今夜は一緒にお泊りです。

子供たちはコンパクトなテントに目を輝かせ、先輩のテントを出たり入ったり。

こっちのテントの方が秘密基地っぽくて、子供受けはいいようです^^;

ではでは、明日は長男のレースです!

 

◆ 長男のトライアスロンデビュー戦 (2011年9月3日)

台風が心配されていたキャンプ生活でしたが、まったく問題なく、むしろ超快適!

夜は涼しくて心地よいし、朝目覚めると素晴らしい朝焼け!!!!

キャンプは基本的に私も大好きです。

ただ今回はトライアスロンに出場することが一番の目的だったので、キャンプには最後まで渋々だった私。

でも、こういう景色に出会えるから、やっぱりキャンプはいいなぁ〜と思います。

レース前日の今夜もしっかり眠れれば、文句なしのキャンプだね 笑

さてさて。

今日はいよいよ長男のレース当日です。

長男も前日から

「ドキドキする〜」

とか

「メダルもらいたい〜」

とか。

小学3年生ながら、大会には色んな思いがあるようでした。

受付を済ませた長男と、スイムのゴールゲート前で。

トランジションエリアで。

う〜ん。

顔が強張っているなぁ ^^;

長男が参戦するキッズの部は、小学1年生から3年生までの38人が参加。

参加児童より、それを見守るライフセーバーのスタッフさんの方が数が多い 笑

スイムは海を50m泳ぎます。

長男は最後列にいたわりに頑張ったようで、6位で海から上がってきました。

奮闘する孫を初めて見る母は大興奮!

応援にも熱が入ります。

そして前回のレース同様に、トライアスロンに全く興味を示さない娘2人は、海岸沿いのベンチに腰掛け海を眺めていました ^^;

スイムの後はバイク1500m。

普通のMTBや子供用自転車も多くある中で、一応速そうなバイクに乗っている長男。

「たっくんの自転車はすご〜く速いんだよ〜」

と暗示をかけておいたせいか(笑)、バイクパートでは3人ほど抜かしたようです。


最後のランパートは600m。

「オレ、泳ぐのと自転車は得意なんだけど…」

と言っていた長男ですが、ランでもラストスパートをかけて頑張っていました!

コース脇には我が子の勇姿を納めようとカメラを構えるパパママがたくさん!

うちは…

携帯にカメラしかないや ^^;

ランでは抜かれることはなかったみたいですが、トランジションエリアで着替えている間に抜かれていたようで、結果は5位。

残念、入賞ならず。。。

本人もすごく悔しがっていて

「来年もまた出る!」

と意気込んでいました。


うちの母も悔しかったらしく

「スイムで一番前にスタートしていたら!」

とか

「来年はトライスーツ買ってあげるから、着替えの時間を短縮よ!」

とか。

初トライアスロン観戦の割に、熱く語っていました 笑

長男のレースの後は、高学年の部や中学生の部が行われ、そのレースもみんなで観戦しました。

中学生にもなると体格は大人顔負けです。。。

中学生の部で優勝した男の子の胸板の厚さに、母と二人で

「すごいね〜」

と感動していました 笑

優勝者インタビューでは、水泳が専門とのこと。

なるほど。

やっぱりスイマー体型か。

うちの息子たちもあんな風にかっこいい中学生になってもらいたいものです。


明日はついに私のレース。

今夜の夕飯は『勝利へ導くカーボ(炭水化物)料理』!!!!

ということで、大好きなカルボナーラをリクエスト。

これがまた旨いんだなぁ。

カルボナーラを食べたら、早寝早寝。

明日は4時半には出発です!

 

◆ いよいよ次は私の番だっ! (2011年9月4日)

ついにキタ〜!

ドキドキのレース当日です。

私はBタイプなのでスタート時間は7時ですが、Aタイプに参戦するY先輩や横尾双輪館の横尾さんを応援するために、4時半にキャンプ場を出発しました。

子供たちはまだ寝ているので、パジャマのまま車に積み込みます 笑

トランジションエリアで準備をしていると、Y先輩や横尾さんや超トラのお友達や、次々知っている方に会いました。

みんなと固く握手をし、「頑張ろうね!」と約束。

Y先輩とパチリ。

柔道部出身の二人がなぜトライアスロンに???? 笑


自分のスタートの前にAタイプのスタートを応援しに行きました。

Aタイプはスイム4キロの予定でしたが、台風の影響で2キロに変更。

そんなに海は荒れていないけれど、実行委員会の判断ではそう決定したようです。

スタートの号砲と共に一斉に750名が砂浜から海へ目指して走っていきます。

すごい迫力!

聞こえないだろうけれど、横尾さんとY先輩に「頑張れ~!!!」とエールを送りました。

Aタイプの選手の方々は、これから果てしなく長い1日の始まりです。

スイム2キロ

バイク190キロ

ラン 42.2キロ

朝6:20にスタートし、制限時間21:30までの佐渡一周するレースです。

ホント、みんな無事に帰ってきてくださいね!!!!

Aタイプを見送った後はいよいよ私の番。

スイムのスタート地点へ立ってキョロキョロしていたら、Fさんを発見。

よかった〜

一人じゃ心細かったもん。

Fさんと一緒に前から2列目くらいに位置取りをしました。

号砲を待っている間、

あ、バイクのメーターをゼロに戻すの忘れていた!

あ、ギアを軽くしておくの忘れていた!

あ!あ!と一人で声を出していたので、Fさんをその度に驚かせてしまいました^^;

スミマセン。。。

さてさて、得意のスイムでどれくらいのタイムが出せるかな???

号砲と同時に浅瀬をバシャバシャ走り、走れなくなったらドルフィンスルーで進み、それすらできなくなった後はひたすら沖に向かって泳ぐべし!!!!

なるべくバトルにならないように端っこからスタートしたつもりでしたが、それでもやっぱり750名が一斉にスタートすればバトルになります。

足をつかまれたり、頭を押さえこまれたり。

悪意がないにしても、ボカボカ身体をぶつけられるとめげそうになります。。。

ちらっと横を見たらFさんも頑張って泳いでいるのを発見。

Fさんの後ろにつき、バトルを避けて泳ぎ続けました。

第1ブイを曲がると大分人もばらけてきたようで、泳ぎやすくなりました。

こうなると、あとはマイペースで泳ぐだけ。

途中何回かクラゲに刺されましたが、そんなの気にしている場合ではな〜い!

第2ブイも周り、後は浜までの直線をラストスパート!!!!

はぁはぁ。

ざっざっ。

自分の息遣いと水をかく音しか聞こえません。

浅瀬になり足が立つようになったら、スイムのゴールゲート目指して走る走る!

ゲート近くで夫と子供たちと母が応援してくれているのが見えました。

「結構速いよ〜女子では5番目くらいだよ〜!!!!」

と声をかけられ、やる気あ〜っぷ!

シャワーもろくすぽ浴びずに急いでウェットスーツを脱ぎ、バイクの準備をしました。

バイクにまたがると、追いかけてきた家族から

「頑張って〜!!!!」

の声。

「行ってきます!!!!!!!!」

と返事をして、バイクスタート。

お世話になっている横尾双輪館さんに教えてもらったスペシャルドリンクを飲んで気合を入れ直し、でも気持ちは落ち着けてペダルを回します。


大会自体は開催されましたが、やっぱり台風の影響は随所に見られ、スイムも途中うねりが結構あったり、バイクも海風が強い場面がたくさんあったりと、なかなか簡単には進めないレースだったように感じます。

バイク練習はそれなりに頑張ってきたつもりだったけれど、後からどんどん抜いていかれます。

女子には抜かれませんでしたが、男子にはバンバン抜かれまくり。

き〜くやしいぃぃ。

レースになったら男も女も関係ありません。

抜かれるとやっぱり悔しい!

「やっぱりスイム速いね〜バイクも頑張って!」

と、Fさんにも抜かれました。。。

でも、悔しがっていても仕方がない。

とにかく自分のペースを乱さずに、漕ぐのみです。


噂に聞いていた小木の坂。

そろそろ出てくるかな?

まだかな?

小木の坂に備えて、横尾双輪館さんに頂いたスペシャルご褒美補給食(笑)虎やの羊羹をパクリ。

濃厚な甘みが身体に沁み渡ります。

小木の町に入ったところで、車で先回りしていた家族に遭遇しました。

まさかここまで応援に来てくれているなんて思ってもいなかったので、すっごく嬉しかった〜!!!

でもその直後、感動も一気に冷めるような噂の小木の坂が眼前に出現。

思わず目眩がします。。。

とにかくひたすら続く急な上り坂。

ギアを一番軽くして、ゆっくりゆっくり登ります。

でも頂上はなかなか見えてこない。

ひ〜疲れた〜

周りを見渡すと、他の選手もみんな一生懸命登っています。

うん、私も頑張るっ!

汗をポタポタ垂らしながら登っていると、ちょうど坂の中間地点くらいでチームYの応援の方々を発見しました。

「尾口さ〜ん、頑張って〜!!!!」

の声に元気が出ます。

ホント、応援ってありがたいです。

バイクの途中でも沿道の方々からいっぱい声援を頂きました。

「ありがとうございます!」と声を出せないときは、その度に頭を下げてお礼の気持ちを伝えました。

佐渡のみなさんもありがとうございました!!!!

小木の坂の後にも坂は何回か続きましたが、さっきの坂より辛いものはないはず!と思いながら走りました。

下り坂では初めて時速60キロを経験。

自転車ってこんなにスピードが出るんだ〜と、驚きです。

すっごく気持ちが良かった〜♪

下り坂がずっと続けばいいのに。

って人生と一緒で「楽あれば苦あり」か 笑

バイクは3時間50分ほどかかりました。

ホイールを替えた効果はきっとあったはず!

トランジションエリアに到着し、今度はランニングシューズに履き替えて、20キロのランパートへ。

足が重いし、腰も肩も痛いし。

本当にこんな状態で20キロも走れるの???

と不安になります。

まったく軽やかでない走りで、トロトロと走り始めました。

それでも「走っているうちにきっと調子が上がってくるはず!」と信じて走ります。

ここでも何人にも抜かれましたが、もうこの時点ではちっとも悔しくなんかありませんでした。

ここまでくると後はもう自分との闘いです。

誰に抜かれようと関係ありません。

足を一歩ずつ前に運んで、数10センチずつ前に進むだけです。

折り返してきたFさんが前に見えたので、中央線に寄ってハイタッチ!

Fさんはもうすぐゴール。

でも私はまだあと半分以上ランが残っています。

早くごろんと横になりたい、と思いつつ、田んぼの真ん中を走りました。

レースが終わったら真っ先にビールを飲むぞ〜!と意気込んでいましたが、レース中は全くそんなことを考えられず。

あんなに嫌いだったコーラも飲めてしまうほど 笑

暑くて暑くて、エイドステーションで頂く全てのものが美味しくて美味しくて感謝で一杯でした。

嫌いなコーラも2杯飲んだし(しかもすごく美味しかった!)、沿道の私設エイドではスイカをたくさんご馳走になったし。

道端のおじいちゃんからは

「お姉ちゃん、頑張って!」

と声をかけられ、「お姉ちゃん」の言葉に元気をもらったし 笑

途中2回もトイレに行きましたが、何とかゴール近くまで辿り着きました。

メイン会場に入ると、同伴ゴール待機所で待っている家族の姿がっ。

やっとみんなのもとに帰ってこれた〜(T_T)

手をつないでみんなでゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ルっ。

ゴール前でビーチサンダルが脱げて次女が泣きだすというハプニングもありましたが、無事に完走できました!!!!

あぁ、疲れた。

でもやっぱり楽しかった〜。

芝生にごろんと転がって、余韻にひたります。

この時間がなんとも言えないですね。

じわ〜と広がる疲労感と、じ〜んと広がる充足感。

レースに出て良かった〜

1時間近くも前にゴールしていたFさんと記念写真。

Fさんは年代別1位入賞!

総合で11位です。

凄すぎる。。。

そして私もナント年代別3位入賞!!!!

いや〜よく頑張った♪

しばらく会場で休んだ後、キャンプ場に戻ってシャワーを浴びてひと眠り。

今度はAタイプのゴールを見届けに戻りました。

会場でドキドキしながら待っていると、横尾双輪館の横尾さんがゴール!!!!

横尾さんは総合15位!!!

入賞こそ逃しましたが、とにかくスゴイ人です。

だって今までフルマラソンを走ったことがないのに、佐渡Aタイプにエントリーしちゃうんだもん。

それだけでも十分スゴイのに、スイムもバイクもランもかなりのハイレベル。

そんな横尾さんのゴール姿に感動しました!!!

涙が出そうなくらいです。

私ももっと頑張ろう!

まずは鈍足を克服し、それからラン途中にトイレに行かない体質になろう(笑)

その後はY先輩のゴールを待ちます。

もう辺りは暗くなってきています。

まだかな、まだかな。

やきもきして待っていると、先輩の赤いトライスーツが見えてきました!

先輩、頑張って〜!!!!

さっきまで私自身が一杯声援をもらった分、先輩に声援を送ります。

同伴エリアから手を伸ばして、先輩を力一杯引っ張り走り出しました。

「そんなにもう走れないって」

と先輩は言いましたが

「大丈夫!大丈夫!もうすぐだから頑張って!!!!!」

と、ぐいぐい引っ張ったまま同伴ゴール!

とにかくランが厳しかったと先輩。

そうだよね、そうだよね。

よく最後まで頑張りました!

うちの家族と先輩と記念写真★

Aタイプに完走者には金メダルです!

ちなみにBタイプの私は銀メダル。。。

それぞれの人がそれぞれの思いを抱えてゴールをしたと思います。

どの人のゴールもすべて感動的でした。

私?

来年Aタイプ出る????

う〜ん、今はまだ考えられないなぁ^^;

でもいつかはこの日本一長いレースに挑戦してみたいです!!!


夕ご飯は焼肉。

ビールも1杯だけ飲みました。

ビールよりも肉が旨いっ!

モリモリ食べて、早く回復しよう。

太もも前面と、肩と首と腕と。

とにかく体中のあちこちが痛くて仕方がありません。

明日は閉会式ですが、帰りのフェリーの時間の都合上出席できず。

表彰式にも出られませんが、仕方がありません。

キャンプ用品の片づけをして、眠りにつきました。

長い長い1日、私の身体、お疲れさま!

応援してくれた家族のみんな、ありがとう!!!

楽しかった佐渡とも明日でお別れです。

 


◆ ありがとう!佐渡 (2011年9月5日)

今日で佐渡ともさようなら。

キャンプがすごく楽しくて、子供たちも母も満喫していたようで良かった良かった〜

子守りと料理長で夫は大変だったろうけれど、ホントありがとう。

夫のサポートなくして、私の完走はあり得なかっただろうなぁ。

みんなもありがとうね♪

フェリーの中で配布されていたレース速報を見ながら、あれこれ反省。

やっぱりランが一番の課題だな。

どうしたらもっと速く走れるようになるのか、今後の練習方法を考えよう。

自宅には18時半頃到着しました。

後片付けは明日に残し、今日はお風呂にゆっくり浸かってお休みなさい。

明日は練習しないぞ〜と思っていたけれど。

18日にトライアスロン世界選手権横浜大会を控えた夫が、やる気になっていて

「明日は一緒に走るぞっ!」

…私はゆっくり走るので、どうぞ頑張って〜 笑




 

Copyright(C)karadabijin. All Rights Reserved